このページは私用WordPressの覚え書き兼、テストページです。
「SNSボタン」は、テスト検証用に仮設置しているだけなので、押しても反応しません。

025「サイト内検索」で「タグ」が検索できない?

(※WordPress覚書メモ この記事は、過去に書いた記事の再アップです)


「タグ」が検索できない

前回の記事で、「もういっこ、問題が発生・・・」と書いたけど

どうもこのwordpressの「サイト内検索」は、本文中に記入された語句しか検索しないっぽいです・・・onz


たとえばタグにいくら「柴犬」って入れてあっても、本文中にこの単語を使ってない場合(例えば画像だけとか)は、いくら「柴犬」で検索かけてもその記事はヒットしないんです。

まあ、タグは「タグクラウド」でクリックしろってことなのか・・・?

でも「タグクラウド」使ってない場合だってあるじゃん・・・ ねえ?
その場合「タグに入れてあんのに検索かけてヒットしない」ってどうなのよ? と甚だ疑問に思うわけです。


プラグイン「search-everything」を使おう

ってことで、これを「サイト内検索」にヒットさせる方法を調べてみたところ

search-everything」というプラグインを使えばいいとわかりました。


プラグイン「search-everything」の使い方

使い方はカンタンです。
プラグインを有効にした後、
設定 → search-everything → 検索に含めたいものを選んで「Yes」にするだけです。


これで「タグ」も検索できるようになりました~~


019 plugin「Contact Form 7」の使い方

(※「Contact Form 7」の使い方、覚書メモ)


「Contact Form 7」によるメールフォーム表示例(デフォルト)


<!-- 「メールフォーム サンプル」ここから↓

↑ ここまで-->

(上記は、「Contact Form 7」に最初から入っているデフォルトの設定例です)
ボックスやボタンのデザインは style.css の設定によるものなので、使用中のテーマによって見え方は異なります。


「Contact Form 7」をダウンロード

  ↓



「Contact Form 7」をインストールする

■「Contact Form 7」をインストール → メニュー「プラグイン」で 「有効」にすると、
ダッシュボードのメニューの中に「お問い合わせ」という項目が追加されます。


■「お問い合わせ」をクリックすると、「コンタクトフォーム1」という一件の初期記事が用意されています。

それをクリックして自分用に編集します。
(「コンタクトフォーム1」を直接編集してもよいし、複製を作ってもどちらでもOK)


「Contact Form 7」使い方

↓ 使い方はバージョンによっても随時変化しますので、公式のサポートページを参照してください。



「ラジオボタン」を使ってみる


試しに「ラジオボタン」を一個作って、テストしてみたんですけど、「!複数のフォームコントロールが単一の label 要素内に置かれています。」とかいうエラーが出てしまいました。

サポートページを確認したところ、
ラジオボタン」や「チェックボックス」の場合は、<label></label> タグを使っちゃいけないのだそうです。
前後の例文で使ってるから、入れなきゃいけないのかと思った・・・

そんなん、判らんがな!!
「!複数のフォームコントロールが単一の label 要素内に置かれています。」とかいう意味不明のエラーメッセージじゃなくて、「"ラジオボタン"や"チェックボックス"では "<label></label> タグ" は使用できません」って書いてよ!!
ほんとにもう・・・

上記画像のように、<label></label> タグを消したらエラーは消えました。


「メール」の設定でもエラーが出てしまった



送信元のところに [your-name][your-email] <contactform-test@ドメイン.com> と入れたらエラーが消えました。
(contactform-test@ドメイン.com というメールアカウントは、実際は作っていません。)

なんでもよいからドメイン名が入ったメールアドレスをとりあえず入れとけば実際に存在しなくてもエラーは消えるようです。
ていうか、意味あるんでしょうか。 これ・・・。
サポートページのFAQは、何度も読んだんですが、結局意味不明でした。

FAQ → Contact Form 7 設定エラーを解消する


003_1「プラグイン」一覧

入れたプラグインの一覧(2019年5月16日現在)


Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」(バージョン 4.1.2)
※デフォルトではいっている
スパムコメントをブロックしてくれるものと思う


Auto Post Thumbnail」(バージョン 3.4.1)
自動的に一枚目の画像をサムネイルに設定してくれるもの。


Contact Form 7」(バージョン 4.1)
コンタクトフォームを好きなように作れるもの。


My Category Order」(バージョン 3.3.2)
カテゴリーの並び順を自由に変えられるもの。


Search Everything」(バージョン 8.1.9)
タグなどの本来はページ内検索では検索してくれないものを拡張して検索対象にしてくれるもの。

※2019年現在(wordpress ver5.2ja)では、記事を公開するボタンを押した時に、何故かエラーを吐くので、今のところ停止にしています。


SyntaxHighlighter Evolved」(バージョン 3.5.0)
htmlなどのタグをテキスト表示してくれるもの。

※2019年現在(wordpress ver5.2ja)の新エディタ「Gutenberg」では、このプラグインがなくてもSyntaxHighlighter形式で書き込むかどうか、選べるようになった。
新ブロックエディターを使いながら、このプラグインを入れていると、相性が悪いのか、勝手に記号などを自動変換してしまうバグがあるようです。

新ブロックエディターを使う場合は、このプラグインはアンインストールするか、無効にした方がいいようです。

私の場合は、この新ブロックエディターが非常に使い難いため、「Classic Editor」というプラグインを入れました。
「Classic Editor」を使う場合は、このプラグインは必要です。


Classic Editor」(バージョン 1.5)

新しくなったWprdpress(5.2ja)のエディタ(「Gutenberg」)が最悪で、非常に使いにくいので、入れました。
昔のシンプルなエディタに戻れます。


WP Multibyte Patch」(バージョン 2.8.1)
※以前はデフォルトで入っていたようですが2019年現在ではなくなったみたいです。
日本語文字の取り扱いに関する不具合や修正をしてくれるもの。


WP To Top」(バージョン 0.2.1)
ページの頭に戻るボタンを表示してくれるもの。


WP-PageNavi」(バージョン 2.93)
ページングナビゲーションを追加してくれるもの。


Simple Revisions Delete」(バージョン 1.4.7)
過去のリビジョンを削除してくれるもの。


revision control」(バージョン 2.3.2)
今後リビジョンを溜めるか溜めないかを設定できる。
※古いままだと有効にできなかったので、更新。
※管理画面→インストール済みプラグインの表示では、日本語表記「リビジョンコントロール」に変化した。


brBrbr
改行が改行しただけ改行される。※初期のエディタでは複数改行しても1改行にしかならない。
※現在ではなくなってしまったみたいです。残念。


Google XML Sitemaps」(バージョン 4.1.0)

記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成する、サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する などのプラグイン。